遺品整理で得た金を売るには?手数料や税金から買取店選びまでまるっと解説!のメイン画像
「金の価値=手に入る金額」ではありません。実は金を買取に出すと手数料が発生します。

金を買取店で売却するには手数料がかかります。

遺品整理をしていたら、金のインゴッドが出てきた!宝石の素材が金だった!という人も少なくありません。

金は価値の高い素材のため、資産としてそのまま置いておくのもアリですが、買取に出して現金化してしまうのも有効な活用方法です。

最近では、遺品整理品のみならず、普段使用しているアクセサリーでも必要に応じて買取に出す人が増えています。

パパっと現金に換えられると、急な出費の際やまとまった資金が必要な際に重宝します。

しかし、金買取には手数料がかかることはご存知ですか?実は、「金の価値=手に入る金額」と思う人が少なくありません。

しかし、10万円の価値のある金を買取店が10万円で買い取ったらどうでしょうか。

買取店は入手した金を市場に出して売却するのですが、10万円で買い取ったら何も利益が出ませんよね?そのため、手数料分を考慮した分で査定額を提示するシステムとなっています。

この手数料が買取店の利益となり、運営費となるわけです。

そう考えると、本来の価値分のお金が手に入らない…となんだか損をした気になりますよね。

しかし、自ら市場に出てやり取りすることはできないため、やはり買取店を利用する必要が出てきます。

そのため、手数料分はいくら差し引かれるのかを考慮して買取店を選ぶのが得策になってきます。

金の買取を考え始めると「金の市場での相場がいくらか」ばかりに目がいってしまいますが、手数料が発生するという点もしっかり頭に入れておきましょう。

PICKUP記事

SIDE MENU