遺品整理で得た金を売るには?手数料や税金から買取店選びまでまるっと解説!のメイン画像
金の買取にかかる手数料っていったいいくらかかるの?具体的な相場と決まり方について詳しく説明します。

金買取に必要な手数料っていったいいくらかかるの?相場は?

金の買取の際にかかる手数料。

気になるのが、一旦どれぐらいかかるのか?ということですよね。

あまりにも高くかかるようだったら、せっかくの遺品であることから手放すのは迷うところですよね。

ここでは気になる金の買取手数料について解説します。

金の買取手数料は、実は買取店が自由に決めることができます。

そのため、買取店によって異なります。

しかし、だいたい相場があり、金の価格の2~3割が一般的だと言われています。

金の価格が10万円だった場合、手数料が2割とすると買取価格は8万円、3割とすると7万円ということになります。

こうやって考えてみると、1割違うだけでかなり大きな差になりますよね。

また、金はジュエリーやインゴッドに加工する際に、どうしても加工過程で1~2%程度の金が目減りしてしまいます。

買取店はその目減り分を考慮して、その分を差し引いた上で買取価格を提示してくるケースもよくあります。

また、パーセンテージで設定しているのではなく「地金1個で○○円」「金のジュエリー1個で○○円」というような手数料設定しているお店もあります。

手数料の設定の仕方やどれぐらい差し引くかは買取店によってかなり差があるため、事前にどのようなやり方をしているのかを調べておきましょう。

たいてい買取店のホームページに掲載されていますが、わかりにくければ直接買取店に問い合わせしてみると良いでしょう。

優良なお店であれば丁寧教えてくれます。

PICKUP記事

SIDE MENU